速く滑る。速く曲がる。だけじゃダメ

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.

たまに聞かれるので、ちょっとだけ解説
最近 人気のある バンクドスラローム
M&M 4TH BANKED SLALOM
という大会で地味に優勝しています。

その時の記事はここ↓
https://snow.gnavi.co.jp/archive/report/mm_bankedslalom2014/

知り合いには
「全然大会に出たこともないのに、練習しているわけでもないのに何で早いの?」
「タイムを出すためにどうしたらいいですか?」

とよく聞かれます。

逆に聞きます。

タイムを出すためにどんな練習をしているんですか?

色んな答えがあると思いますが、一番は

その大会で一番速い板に乗る。

これを、レーシング関係の人は常にソールを磨きワックスを入れ、という作業を

滑らない日でもしている、ハズです。

時速80キロ出るボードと 時速100キロ出るボード

対決したら100キロ出るボードが速いに決まっています。

もちろんコースは真っ直ぐじゃないので曲がる技術も必要になりますよね?

その時に重要なのは

エッジです。

エッジがしっかりチューンされている板は曲がる力も強くなります。

あるバンクを 50キロでクリアするのがギリギリのエッジか 60キロを余裕でクリアできるエッジか?

曲がるポイントが沢山あるバンクドスラロームでは物凄い差が出ます。

この二つは出来てて当たり前、なぜなら

スポーツはいかに楽して勝つか?

が勝率を上げるカギになります。

道具選びも、重要ですよ。

そのほかにも色々ありますが、タイムを出したい方

リアルなレースゲームでタイムを出す。っていう練習もいいですよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大人気スノーボード動画シリーズ 竜王シルブプレシーズン5+1動画UP中

NICO限定品 セパレートスノーボード・ニコ×ピーカンファクトリー新しい形状のNICO ピーカンファクトリーとコラボで発売!!

ピーカン編集長 谷口尊人 と
プロ昇格 学 と長野市にあるスノーボードショップSLIDE LINE のインスタグラム


ピーカン君LINEスタンプ ついに発売!!
動画にちょくちょく出てくるピーカン君達が
LINEスタンプで大暴れ!?是非お使いください!!
下記URLから購入できます!!
http://line.me/S/sticker/1255658

↑年間900万回再生されるYoutubeチャンネル登録してね♪

普通のOL?も出演しているスノーボード?DVD。ピーカンシルブプレついに発売!!
その他ピーカン君グッズ、トレーナー、パーカー、ステッカー等発売中です。
販売サイトはこちら http://voice-of.jp/




Related Articles: